エストロゲンは妊娠、出産のためにとても重要な役割を果たします。ですから、月経にも大きく関与します。閉経すると、エストロゲンの必要性が低くなるため、体内では大幅に減少してしまいます。エストロゲンが減少することと、美容にはどのような関係があるのでしょう。

女性を女性らしく美しくしてくれるホルモン

エストロゲンは、女性らしさをつかさどるホルモンです。月経や、妊娠、出産に大きく関わっています。そして、肌や髪をきれいにしたり、女性らしいふっくらした体つきにしたり、ムダ毛を薄くしたりする効果もあります。

ニューハーフや美容に気を使っている男性も、好んでエストロゲンを体内に取り入れることがあります。エストロゲンには、頭頂部などの薄毛を解消する効果もあるので、薄毛に悩んでいる人たちの治療薬にもなっています。

睡眠不足や栄養不足、ストレスなどがあると、肌荒れするとよく言われます。これは、睡眠不足や栄養不足、ストレスが、自律神経を乱してエストロゲンの分泌を狂わせてしまうからです。

ホルモンバランスの乱れという話がしばしばされますね。エストロゲンは他のホルモンの分泌量にも影響されてしまうので、美しさを保つためには、ホルモンバランスを保つことが重要ということです。

女性らしい美しさは見た目だけではない

更年期障害の症状をやわらげるために、ホルモン補充療法というものがあります。体内にエストロゲンを補充することで、エストロゲンの急激な減少を抑えることができます。

ホルモン補充療法は、更年期障害によって、重い体調不良がある人に処方されることがほとんどですが、エストロゲンの減少をゆるやかにすることができるので、見た目が急激に老けたりすることも抑える効果が期待できます。

あちこちで、アンチエイジング対策がささやかれており、ヒアルロン酸注射や整形手術にのりだす人も増えてきました。ですが、女性らしい美しさというのは、見た目だけではないことを忘れてはいけません。

女性らしく美しくあるというのが、どういうことなのかを自分なりに考えてみて下さい。しぐさや態度、考え方なども、女性らしさに大きく関与しています。見た目にこだわりすぎず、心にもゆとりをもって生活できるといいのかもしれません。