更年期に対して不安を感じている女性は少なくありません。閉経に伴って起こってくる更年期障害について、少しでも理解を深めておけば、不安は軽減できますし、あらかじめ準備をすることや対策を練ることもできます。

更年期障害はホルモンの変化が原因で起こる

更年期障害がどうして起こるのか知っていますか。主な原因はホルモンの変化です。閉経が起こると、女性の体内のホルモンバランスは大きく変わるので、体に不調が表れます。

更年期には、女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少します。エストロゲンは、肌や髪をきれいにしたり、女性らしい体系を維持したりするので、女性らしさをつかさどるホルモンとも言われています。

美容にも大きく関与しているということです。エストロゲンが減少すれば、見た目の女性らしさや若々しい美貌も薄れてしまいます。
エストロゲンは、血管の収縮や自律神経の働きにも作用します。エストロゲンが急激に減れば、これまでのようにうまく体をコントロールすることができなくなります。その結果、体に様々な不調が表れます。

自律神経は、感情にも影響します。自律神経の働きが乱れれば、感情にも変化が起こっています。更年期障害として、うつ気味になったり、落ち着かなくなったりする症状があるのは、自律神経が乱れるためです。

更年期障害を和らげるにはどうしたらいいのか

更年期障害が重いと、日常生活に支障をきたす場合もあります。主な症状には、体の急激な火照りや冷えを感じたり、頭痛やめまい、動悸、腰痛や肩こり、疲れやすさを感じたり、感情の浮き沈みが激しくなったり、不眠症になったりするなど、人によって本当に様々です。

これらの症状を和らげるためには、エストロゲンを補給するという方法があります。更年期障害は、体内のエストロゲンが急激に減少する閉経ことで起こる体の不調だからです。エストロゲンの急激な減少を抑えることができれば、症状は緩和されます。

エストロゲンの補給には、ホルモン補充療法がしばしば用いられます。ホルモン剤という薬を服用して、エストロゲンを補う方法です。エストロゲンに似た働きをしてくれる、大豆イソフラボンが入った食物を積極的にとることも有効な方法です。