40代後半から50代になってくると、更年期のことを考え、不安に思う人も多いです。更年期とはどのようなものなのでしょう。きちんと理解をしておけば、更年期になったときに、余計な心配をしなくてもよくなりますし、心の準備もできます。

もし、日常生活に支障をきたすような重い症状がでたときにも、どうするかをあらかじめ考えることができますし、症状を緩和させるために、対策をすることもできます。

更年期とはどのような時期のことを言うのか

中年に近づいてくると、更年期という言葉をよく耳にするようになります。意識し始める人も多いですが、更年期のことをきちんと理解していますか。更年期は、閉経が起こる前後の5年間くらいのこと、つまりは閉経を挟んだ約10年間のことを更年期と言います。

多くの人が50歳前後で閉経をするため、一般的には更年期は40代後半から50代にかけてを指すことが多いです。ですが、個人があるのも事実です。50代後半になって更年期を迎える人もいれば、30代後半から体の不調がでてきて40代に入ってすぐに閉経する人もいます。

自分の体の異変や体調の変化に気づいて、更年期を悟ることは大切です。体調不良が、「病気なのかしら」と、余計な不安に変わってしまう心配もなくなります。更年期のことをしっかりと理解して、自分の体と向き合ってください。

更年期に起こる不調にはこんなものがある

更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンが体内で、著しく減少します。ホルモンというのは、体の調子をコントロールしてくれる重要なものです。それが急激に減少するとなると、いままで体の調子を制御できなくなって不調を起こしてしまいます。

エストロゲンは自律神経に大きく影響します。自律神経が乱れると、急に体が火照って汗をかいたり、息切れや動機がしたりします。興奮状態が続いて眠れなくなったり、逆に起きられなくなったりと、睡眠障害がでる人もいます。

頭痛や腰痛に悩まされたり、疲れやすくなったりもします。気持ちの浮き沈みが激しくなって、落ち込みやすくうつ状態になったり、怒りっぽくなったりする人もいます。

体調の変化は自分で気づくことができるかもしれませんが、気持ちの変化はなかなか自分で気づくのは難しいかもしれません。